社会人必見!合コンで親密になれるテクニック

基本的にコンパ&合コンでは異性に親近感を持ってもらい仲良くなることが最大の目標であり課題でもあります。

そのためにも知っておきたいのが相手と自分の似ている部分をアピールする方法です。

男女問わず人間は自分に似たものに共感しやすい性質を持っています。

 

実際様々な地方出身者が多く集まる場では同じ県からやってきたというだけで親近感を抱きますし、ローカルネタで盛り上がることも多々あります。

これは趣味の一致などでも起こることなので、異性に親しみを抱いてもらうのにとても役立つテクニックといえるでしょう。

 

 

ただ基本的に初対面の異性が集うコンパになると、相手の趣味などを事前に把握して話を合わせるのは難しい一面もあります。

なので合コンの際にこのテクニックを使う場合は、大雑把な趣味を異性に伝えて反応を待つのがベストです。

 

例えば映画でも恋愛やアクションなど、様々なジャンルが存在します。

自己紹介の時に映画を見るのが趣味だとだけ伝えておくと、映画を趣味にしている異性であれば興味を抱いてくれる確率が高くなります。

 

そしてその異性との会話の中で相手が好む映画のジャンルを探り、自分もそのジャンルが好きだと伝えるのです。

もちろんこのテクニックを駆使するには、幅広い趣味の知識を持つ必要があります。

しかし使いこなせれば趣味が一致する異性として、相手と親密になるチャンスに恵まれやすくなるテクニックです。

 

 

出会いが無い職場で働いている人はコンパくらいしか出会いの幅を増やせないのが現状でしょう。

仕事もバリバリこなしているので仕事後や休日にそれほど時間が無く、同性同士の飲み会には参加しないでなるべく異性と出会えるような飲み会に参加している方も多いでしょう。

週に1回くらいのペースで合コンをこなしている方も30を過ぎれば多く見受けられます。

 

しかし運命の出会いなんてそうやって来ることは無いので、気長に待つしかありません。

自分から積極的に動いていたら自然とタイプの異性と出会うでしょう。

合コンに参加したり出会いがありそうな集まりに参加したり積極的に行動して行きましょう。